読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本奇兵隊blog

信州松本からひっそりレノファを応援するblog

汚れちまった悲しみに--苦手のアウェイで2敗目を喫す(vs町田ゼルビア)

試合を見てないので何とも言えないのだが・・・・スコア速報をヤキモキしながら見てた。

後半開始後すぐ失点。先制を許して逃げ切られる展開にハマってしまったようだ。前にも書いたけど、平均得点1点しか取れない相手に、その1点を許して完封負け。予想が当たってしまった・・・。自慢の攻撃陣も沈黙し、9“戦術は岸田”は途中交代。ガッカリ、、、

J3ハイライトで後半終了間際にどれだけ「生きてつかぁさい」魂を見せたのか、まずは確認しなければ。あ~~~あ。昼間に長野の横綱相撲を見せつけられていただけに、失望感が大きい・・・。勝ち点差2に縮まってしまった。


汚れちまった悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れちまった悲しみに
今日も風さえ吹きすぎる

汚れちまった悲しみに
たとえば狐の皮衣
汚れちまった悲しみは
小雪のかかってちぢこまる

汚れちまった悲しみは
なにのぞむなくねがうなく
汚れちまった悲しみは
倦怠のうちに死を夢む

汚れちまった悲しみに
いたいたしくも怖気づき
汚れちまった悲しみに
なすところもなく日は暮れる
中原中也『山羊の歌』文圃堂、1934年)