読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本奇兵隊blog

信州松本からひっそりレノファを応援するblog

アウェイ富山戦と今後の展望など--J3ハイライトを見て

前半に2失点したときは、本当にイヤな予感、悪寒がした。富山のシティFMから聞こえる富山のイケイケで沸き立つ応援に敗戦を覚悟した。何やってんだ、あれだけ課題だと言ってきた前半開始20分間。またも複数失点、、、。

今日の先発DFは15碇野に2“ミヤグバ”。5池永がベンチに入るも、ここのところスタメン落ちしてるのはケガなのか、それとも上野監督の中での位置づけが変わってしまったのか。。このところ山口は失点が増えてるのでDF陣の再建は昇格に向けた課題の1つだから、監督も試行錯誤してるのだろう。下関開催となったJ22での15碇野選手のデキがよく、監督の評価が上がったためか、毎試合DFライン、特にセンター2枚のセットが変わっている。ちょっと不安だし、相手が上位4チームだとこういうゴマカシ?は効かないと思う。
1失点目は、J3ハイライトで見ると、この急造DFの穴を衝いたものだった。失点の仕方は、アウェイでの長野戦と同じ。足の遅い2“ミヤグバ”をつり出して、後ろに出来たギャップに走り込んだFWがゴラッソ。おそらく富山の対策が功を奏したと思う。2失点目は、相手MFの意表を突くミドルにやられた。これは仕方ないかなと思うけど、セットプレー崩れ。うーん、、、、相変わらずだな。。自分は、この瞬間敗戦を覚悟。ラジオの実況は異様な盛り上がりで、押せ押せイケイケだったため、この時間帯は聞いてるのが本当に苦痛だった。
しかし、偶然としか言いようもない形で、相手GKがトンネル?のミス。プレゼントされた8“大黒柱”島屋がゴールして同点となり、精神的ダメージを負ったGKがさらに判断ミスを犯して9“戦術は岸田”がゴラッソ。信じられない不思議な展開で、前半のうちに逆転した。ラジオの実況は静まりかえり、自分も勝利を確信。
こんなことあるんだねえ。GWに見たホーム琉球戦も、打ち合いの末大逆転。勝ててるからいいけど、サッカーの質としてどうなの?課題を克服できないままやってると本当に痛い目にあうだろう。富山も補強を進めていることは知っていて、J1松本からMFをレンタルしていた。出てくると思ったけど、次節からのよう。北井に続き、椎名と2名を松本からレンタル。ひょっとして夏場の松本の動き次第で、まだレンタルがあるのかもしれない。。。山口って補強あるのかな?やるとしたらDFか?どこかルートあるのか?ああ、アルビとか?笑 新潟は1ステージで降格圏に沈んでいるので、ひょっとしたらレンタル要員が増大する可能性はあるけれども、レノファにそんなお金あるとは思えないし。。。

その他の試合では、上位陣が意地を見せて、勝利。問題は12日に対決する長野のこと。
2週間後の対決相手長野は、勝利はしたが内容はひじょうに悪かった。前節ホームで盛岡戦に敗れたときもスタメンを大きく変えていたけが、何かチーム内で起きてるのか?けが人続出?、コンディション調整失敗?、、、とにかくチーム全体が沈滞ムードにある印象で、ハイライト映像から見るだけでも、中盤のテンションは低く間延びしていて、秋田に決定機を作られていた。おそらく理由の1つは、10宇野沢選手の状態が思ったほど戻っていないこと。相手の不幸を喜ぶのは誉められたものじゃないけど、うれしいニュース。
細かく言えば、他にも理由はあって、9勝又選手は、慣れないポストを担って、リズムを崩しているように思えるし、高さをもたらすはずの11土井選手は、まだフィット仕切れていない。しかし、それでも執念でのロスタイム弾&勝利。チーム全体で昇格への思いは他のチームとは比較できないくらい強い。4月末に長野ホームで見せられた山口対策は、現在の山口DF陣を考えれば依然としてひじょうに脅威で、有効だと思う。その場合、11土井選手の先発と、2“ミヤグバ”との対決も予想される。高さへの対策、今回富山でも起きたセットプレーからの失点をどう防ぐか、この課題はまだ突き詰めてやってほしい。
あとね、まずは守りから入れば?って単純な話でもないんだろうけど、前半20分までのサッカー、どうにかしてくれんかな?長野は1週休みで、2週かけて山口対策をしてくる。いかに相手がコンディションを落としているといっても、本当に恐ろしい。
そして恐ろしいのは、長野だけではない。昇格争いの他チームも怖い。相模原のMF17飯田選手は、ちょっと異次元のプレーで、危険すぎる選手。J3レベルではないね、彼を止めることは可能だろうか・・・・。勝ち点だけでなく、得失点でも大きくプラスを加え、ついに今節勝利した町田をかわして3位浮上。
山口 42
長野 37
相模原35
町田 35
※勝ち点、得失点差で並ぶも、勝利数と総得点数で相模原が3位。

これを見ると、長野、相模原、町田の3チームは一回負けただけで一気に4位転落もあり得るね。長野は次節試合がないため、次節の段階でおそらく相模原or町田の勝利により暫定ながら3位以下に落ちうる。入れ替え戦出場の2位さえ熾烈な戦いなので、長野は負けられない戦いになるねえ・・・こういう相手に山口が引き分けることができればよいのだが。。この2ヶ月の成長を見せることができるだろうか。

さて、来週は、長野を苦しめた秋田とホームでの対戦。長野の現状を計る上で、秋田には失礼ながらバロメーターになる。ケガや累積などもケアしつつ、総合的に“頭を使った”試合を希望。