読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本奇兵隊blog

信州松本からひっそりレノファを応援するblog

守備力が明らかに向上--J3第22節アウェイvs相模原

夜帰宅後にオンデマンド観戦した。やっぱ戸田さんの解説最高だなあ。。。で、途中速報で2-0リードを知って勝ったと思った。驚いたのはスタメン。上野監督のファーストチョイスは代選手で、2“ミヤグバ”とセンターを構成した。上背はそれほどないけど、最終ラインからチームを締めるコーチングがすばらしく、庄司とのコンビも抜群。庄司一人だった供給源が、もう一つ最終ラインにも増え、守備は明確に向上したと思う。今節の試合と比較すれば、今までのrenofaのDFは個々がバラバラで、守備は個人頼みだったと思えるくらい隔世の感があった。それぐらい変化を感じました。それとちょっと安心した。途中から選手を補強するのは、チームのバランスを壊す危険性もある。いい意味でプラスにはたらき、堅実な補強だったと思うし、全体的に地味な山口らしくていいんじゃないかな笑

ということは、もう一人の補強DF前田選手は、ミヤグバのサブということなのかな。まだ分からないけど、サッカーがJ2レベルに近づいてきたなと感じる。今節琉球vs長野が引き分けたため、一週休みの町田を含め、上位4チームの勝ち点は以下の通り。

山口 51
町田 42
長野 41
相模原39

今、この中で一番怖いのは町田。手堅いサッカーをする町田が簡単に負けてくれるとは思えない。直接対決も残ってるし、補強も成功した町田は、まだまだ油断できない。勝点差9なのか。山口としては、今まで通りとにかく中位以下への取りこぼしをなくし、今まで通りのサッカーをやっていくことだろうね。
相模原は暑かったせいなのか、予想してたより動きが重かった。補強したタレス、永芳選手がうまくはまらず、リズムが悪くなってるように思う。中継で初めて知ったんだけど、相模原のスタジアムは照明設備がないんだってね。でも夏の昼間は厳しいよ...飯田選手も予想した動きではなく、ほぼ山口のペースだった。高原選手に決定機を決められてれば危なかったけど、助けられたね。

J2の金沢は、今シーズンJ3から昇格したチーム。当初は勝ち点を稼いでいたが、J2も2クール目に入り、今5連敗?だっけ、最近はなかなか勝てなくなってるね。J3、J2変わりなく2回も対戦すれば相手も分かるし研究もされる。夏以降補強もある中で山口が勝ち続けているのは本当にすごいことだと思う。

水曜日7/29夜、山口はホーム維新で福島戦。裏では長野vs相模原の直接対決。ここで山口が勝ち、長野が敗れれば山口の昇格圏内はほぼ決まる。問題は町田だね。町田はホームで盛岡戦。なんかラク~な相手とだなあ・・・苦笑 盛岡は長野に勝っていて決して弱いわけではないんだけど、一週休んだ町田に勝てるとは思えないんだよね。。