読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本奇兵隊blog

信州松本からひっそりレノファを応援するblog

まとまってる感の大切さ

サッカーは団体スポーツなので、まとまりや団結が大事だというのは当然のこと。だけど、この数年、特にこのまとまりの大切さを感じることが多い。それは、J1やJ2の試合を1年間見てて思ったことなんだけどね、有名な選手優秀な選手を何人抱えていても、まとまりが悪く降格していくチームをいくつも見てきたから。

もちろん、歯車というのは微妙なものだから、ほんのわずかなことからリズムを失うってのもある。だが、それ以上に、監督の戦術やチーム全体のまとまりが大事なんじゃないかなとおもう。戦力・資金力で劣っていても、愛媛や福岡のように十分に結果をだしているチームもあるので、このまとまり・団結って本当に大切な要素だと最近みてて思うのだ。直近の例では、なでしこジャパンの惨敗。これも、まとまってる感がゼロ。バラバラ感満載のゲームだった。
1シーズン長いので、結果が出ないこともあるけど、それでもまとまりを失わずに最後までやりきれば、それなりの結果は得られる。難しいのは、欲が出てこのまとまりを失いやすいということだと思う。サッカー以外でもあてはまるんだけど、ブレずに最後までというのは本当に難しい。結果が出やすいことに流れてしまうのが人情だしね。
上野監督以下、レノファの選手には、結果が出なくても、目の前を追わずに、高い志をもって最後までやりきってほしい。これは明日の結果について、あらかじめ予防線をはっておこうというので言っているのではないけど。

で、明日の北Qですが、、、これまた鹿島戦士が多くいますね。もとやん、石神、川島、ですか。いずれもテクニックあって厄介な相手。それに、昨年J3長野の監督だった美濃部“ポトフ”氏がヘッドコーチに入ってます。彼は、我々山口の弱点は知り尽くしてる人物だし、試合はとにかく負けないことを望みます。2-2の引き分けを予想。