読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本奇兵隊blog

信州松本からひっそりレノファを応援するblog

ローカルニュース報道etc

妄想疾患 趣味とスポーツ

局名は敢えて挙げないが、2“ミヤグバ”を雇用している局は、ひじょうに詳しく報道しているので、毎回楽しみにしてる。代表戦においても然りであるように、この局は試合に対して、批判精神よりヨイショ精神を優先的に発揮するスタイルではあるのだが、本当にありがたいことだ。

J3ハイライトにおいても、同様にピッチコンディションの不良が敗因の1つとなったという趣旨の報道。また上野“エクスファイアは山口トヨペット”監督は、試合後の会見で「もっと頭を使って戦うべきだった」とコメントしてた。
ピッチ状態が悪かったのはそうであるかもしれないが、それよりも闘う姿勢がもっと大事だと思っているので、そちらが発揮されていることが大前提。前半早々に失点を許し、前半終了までに1-2だったというのは、戦術的・精神的に試合に対する意欲や姿勢に欠けるものがあったのではないか・・・・。実際、圧倒的攻撃力・得点力に注目が集まっている結果見逃されてるのが、前半の緊張感の欠如。自分が観戦した琉球戦では最後に逆転したけど、緊張感のない試合が展開されていた。いずれ逆転できるという気持ちの上での慢心がどこかにあって、現在の状態を招いているのではないか。ちなみに、レノファの後半終了間際の得点力はリーグ1らしい(J3ハイライトで報道)。

で、もう一点。上野監督がコメントした「頭を使って」というのは、どういうことなんだろうか・・・。もうちょっと具体的に言ってほしいなあ。攻撃が単調だということなのか、相手の術中に嵌まった、というのか。誰か教えてほしい笑
相手が最後に時間稼ぎの選手交代をしてくるあたり、試合情報を見てるだけでも悔しくて、今でもイライラしてくるんだよ苦笑 さらに、長野が2-0で勝利した後、美濃部監督が「山口が負けたことを受けての戦いだったので、勝つことが絶対条件。そこで勝利できてよかった」とコメントしてたのがJ3ハイライトで流れて、こっちのイライラはマックスに達したのであるけれども苦笑 あとね、セットプレーでやられすぎ。これは前から言われてるけど、まだ改善されてないように思う。

さて、週末土曜日夜1800に維新で試合なんだねえ・・・。久々に維新なので見に行くよ。家族が行けないので、ぼっちなんだけども・・・。なんとかビール飲んで焼き鳥食べて気晴らししたいなあ。個人的には、湯田七里の肉巻きおにぎり食べたい笑

内容的にも多少荒れてますが許してちょんまげ古