読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本奇兵隊blog

信州松本からひっそりレノファを応援するblog

ローカルニュース報道etc--秋田戦振り返り&長野戦展望

試合後、J3ハイライトと月曜夜のローカル局の報道を見たので、そのまとめを備忘録的に書いておきます。

産業革命遺産だっけ、その決定によって各局スポーツの時間がマチマチとなり、いろいろ見比べることができた。
自分がオススメしてる■■B「み○○のレノファ」もいつもの充実した内容だったが、それ以上に今回、T■Sが充実した報道だった。町田ゼルビアから移籍してきた庄司、岸田の2名にお互いの先輩後輩関係とコンビネーションについてインタビューしていたからだ。やはり、自分が想像していた以上に、庄司が精神的にもチームを支えている側面があるんだと分かっておもしろかった。

日曜夜のJ3ハイライトでは、レノファ特集がされて、リーグ屈指の攻撃陣3名、島屋、福満、岸田のインタビュー。これもかなり面白かった。8“大黒柱”島屋が、「予想以上にできすぎている」と感想を述べたのが印象的。実際、自分自身としても昨年のJFL時代からレノファが大きく強くなったとは思わない。島屋のコメントにも、やはり言外に相手がそれほど強くはないということが含まれていたと思う。もう1点。岸田が「町田と長野には力負けした」と認めたことも興味深かった。実際、自分たちのサッカーができないことは今後増えていくと思う。おそらく上野監督が「頭を使って」戦うと言ったこととつながるのだろうが、実力差があっても引き分けに持ち込むことは可能だと思うし、玉砕するのではなく、引き分けも狙えるような戦い方をプラン・戦術として習熟させてほしい。

で、順序が逆になったんだけど、日曜の秋田戦のことだけども。見に行ったよ。個人的に体調悪くて、ビールは飲まず。サワーをちびちびしてました。内容的には心配してた通り、前半の20分間まったくダメ。ちんたらムードで、どこか弛緩してる。9“戦術は岸田”は疲れがたまってて体が動かなかったと答えていたが、それだけか?早々と、11“トリ天”のゴールで先制したが、秋田の粘り強い戦いにかなり苦労していて、たまたま失点はまぬかれたが、危ない場面・チャンスは何度も作られていた。前半終了間際の失点はOGになったけど、コーナーキックからの失点。44庄司選手は、「1人1人が責任を持ってマークしないといけない」とコメントしてたが、またしてもセットプレーから失点。週末の天王山にはちゃんと成果を見せてほしい。たのむよ、本当に。

さて、話題は長野との天王山のことだけど、「力負け」した相手に引き分け以上の結果が必要。相手はここのところ不調で、直近は1勝1敗。1週休みの上、補強した選手を使ってくる可能性が高いが、上位との対戦にいきなりスタメンでくるかな?普通はベンチスタートのはずだけど。
なでしこジャパンの先日行われた決勝戦に重ねて言うと、前半20分までの攻防が勝負の分岐点。ここまで0-0でいけば引き分け以上、ひょっとしたら勝利にまで近づき、ここまでで先制されたら残念ながら負けるだろうね。
秋田戦では5“ワタル”が退場したため、DF中央は、15“チョーさん”と2“ミヤグバ”の可能性が高い。21“ヒロキチ”の可能性もあるが、高さがねえ・・・。相手は11“南アルプス”土井の高さをいかした攻撃を行ってくると思われるので、おそらく15、もしくは3“キクリン”だと思うし、対策はちゃんとやってほしい。セットプレーからの失点と共にちゃんと対策してほしい。
長野は一週休みで、入念に対策を立ててるはずであるが、補強メンバーとのかねあい、前までの不調も考慮すれば、なかなか相手の状態を読みにくい。やってくることは先にも述べたように想像できるんだけどね。ここで勝てれば、自動昇格に向けてかなり有利になる。相模原は負けないだろうから、引き分け以上がマスト。たださあ、町田戦(下関戦争)でもおんなじようなこと言ってたんだけどね、「力負け」とかさ、ちょっと受け入れがたいよ。今回はたのんます。『勝ってつかぁさい』笑